短期投資も長期投資も出来るFX

インターネットを使って簡単に投資商品の売買が出来る様になり、FXは特に高い人気を集めています。FX初心者でもスマートフォンの専用アプリを使うとより簡単に売買が出来ますので、普段仕事で忙しい人でも取引きが可能となっています。

そんなFXを始めるにあたり、まずは短期的な投資を行うのか、もしくは長期的な投資を行うのかという目的を明確に持って始めてみましょう。

FXではこの両面から投資が出来るため、資産運用の目的に合わせて購入する商品を変えたり、売買のタイミングによって得られる利益が大きく変わることもあります。

まずは短期的な投資を目的とする人にとっては、日々変動する為替に合わせて値上がりした時に通貨を売る事で利益を得ることが出来ます。一日で大きく値動きする場合もありますが、大きな値動きが無い日もあります。

FXにはレバレッジという機能があり、実際に保有している資金の数倍以上の金額を取引き出来る特徴があります。

100万円の資金が手元にあっても、5倍のレバレッジを利用する事で500万円分の取引きをしている考え方となります。利益が出た時は500万円に対しての利益を手に出来るため、より大きな取引きが可能です。

しかし損をした時も同様に、500万円に対しての損を被るため、投資資金がすべてなくなるという可能性もあります。リスクとリターンのバランスを考えたリスクヘッジをした投資が必要です。

そして長期的な投資手法としては、スワップと呼ばれる金利差による利益を得る方法です。このスワップとは、日本の低い金利と海外の高い金利には差が生まれ、その差を日々受け取れる仕組みとなっています。

日々変動する為替差益とは異なり、通貨によっては毎日プラスで受け取る事もできるため、保有期間が長くなればなる程、得られる利益が増える考え方となります。

この様に、為替差益とスワップによる利益の獲得方法や、短期的な投資が長期的な投資かで大きく運用方法が異なります。まず最初は少額の資金から運用をはじめていくと良いでしょう。