FXで勝てない理由って何だろう?

FXをする理由って人それぞれありますよね。

就職したくない。。働きたくなさすぎて始めたFXの行方

私は経済を知るきっかけにしたくてFXを始めました。

FXで勝てない理由って何だろう?

初心者の頃の私は、損切りしないで相場が戻ってくるのを待ってポジションを決済していました。損切りを設定せずエントリーして、含み損を抱えたら逃げるようにパソコンを閉じて席を離れます。気持ちが落ち着かないから見ないふりをして数日間耐えていたら相場が戻ってきて利益です。

FXで安定して勝つためには損切りができるのがまず基本と言われていますが、私は損切りしなくても勝ちは勝ちでしょ?って思っていました。

今思うと非常に愚かなことをしていました。3ヶ月かけて獲得した4000円もの利益をトレンド相場ですべて溶かしてしまいました。そこで初めて、損切りしないとFXで勝てないんだと学びました。

初心者の頃に勝てなかった原因はまさにコレで、直すようにすればいいと前向きに考えて損切りを徹底していきました。どの時間足でエントリーした場合も、根拠が崩れたら必ずポジションを切ります。

その根拠なのですが、1時間足の天井付近で長い上髭が出たから売り、5分足でダブルトップになったから売り、などです。エントリーする時間足が違えば、損切りまでの値幅が当然違うわけで、小さい時間足ならば10PIPSから20PIPS以内に抑えられるのですが、1時間足となると50PIPSぐらいになってしまいます。

1時間足の上髭に根拠があると考えてエントリーしたことがありました。下方向に動き始めたことを確認して損切りまで40PIPSの値幅があるところで持ったのですが、その瞬間に怖くなり、10PIPSの利益で決済してしまいました。その後に伸びて行ったときは悔しくなって勢いで入り、損切りを根拠も何もない40PIPSの位置に設定してしまいました。追っかけ売りをしたことで20PIPS近い戻しが入りました。

私は、強い陽線で下がるようには思えなくてすぐに損切りし、最初の利益を差し引いて10PIPSのマイナスです。これにより、1時間足のトレードは向いてないかもと思いました。

5分足のダブルトップやダブルボトムのみに絞り、損切りを10PIPSにして20PIPSから30PIPSの利益を目指すトレードを始めたわけですが、5回挑戦すれば3回は負けるぐらいの勝率。

トータルで勝てるやり方だと思い、ずっと続けてきましたが、トランプさんの相場になってからは勝率が悪く、収支は少しずつマイナスです。

短期投資も長期投資も出来るFX

インターネットを使って簡単に投資商品の売買が出来る様になり、FXは特に高い人気を集めています。FX初心者でもスマートフォンの専用アプリを使うとより簡単に売買が出来ますので、普段仕事で忙しい人でも取引きが可能となっています。

そんなFXを始めるにあたり、まずは短期的な投資を行うのか、もしくは長期的な投資を行うのかという目的を明確に持って始めてみましょう。

FXではこの両面から投資が出来るため、資産運用の目的に合わせて購入する商品を変えたり、売買のタイミングによって得られる利益が大きく変わることもあります。

まずは短期的な投資を目的とする人にとっては、日々変動する為替に合わせて値上がりした時に通貨を売る事で利益を得ることが出来ます。一日で大きく値動きする場合もありますが、大きな値動きが無い日もあります。

FXにはレバレッジという機能があり、実際に保有している資金の数倍以上の金額を取引き出来る特徴があります。

100万円の資金が手元にあっても、5倍のレバレッジを利用する事で500万円分の取引きをしている考え方となります。利益が出た時は500万円に対しての利益を手に出来るため、より大きな取引きが可能です。

しかし損をした時も同様に、500万円に対しての損を被るため、投資資金がすべてなくなるという可能性もあります。リスクとリターンのバランスを考えたリスクヘッジをした投資が必要です。

そして長期的な投資手法としては、スワップと呼ばれる金利差による利益を得る方法です。このスワップとは、日本の低い金利と海外の高い金利には差が生まれ、その差を日々受け取れる仕組みとなっています。

日々変動する為替差益とは異なり、通貨によっては毎日プラスで受け取る事もできるため、保有期間が長くなればなる程、得られる利益が増える考え方となります。

この様に、為替差益とスワップによる利益の獲得方法や、短期的な投資が長期的な投資かで大きく運用方法が異なります。まず最初は少額の資金から運用をはじめていくと良いでしょう。